結婚二次会幹事代行サービスなら実質負担費用0円て本当?

結婚式の二次会幹事代行サービスのサイトを見ると「実質負担費用0円」とか「持ちだし費用0円」と書いてあります。

これは本当なのでしょうか?

実際に新郎新婦の費用負担を0にしてもいいのでしょうか?

新郎新婦の負担費用を0円にできる

費用負担0とは言っても、正確には「新郎新婦の負担費用を0円にすることもできる」という意味合いです。

幹事代行サービスの費用を、新郎新婦が負担するか、出席者が負担するか、それは好きに選べばいいだけです。

会費に上乗せして出席者負担にすれば、新郎新婦の実質負担が0円になるのは当然です。

二次会幹事代行サービスの価格が、出席者の会費に上乗せしても大丈夫な程度で済むということを表していると解釈しておけばいいでしょう。

本当に二次会会費に上乗せしてもいいの?

パーティーを楽しくするためにかかった費用は、参加者全員で負担するというのは一理あります。

もちろん、新郎新婦の考え方次第ですが、個人的な考えを示しておきます。

1.5次会なら会費上乗せでいい

海外で挙式したりした時に開く会費制の披露パーティー(1.5次会)であれば、会費に上乗せしてよいと思います。

1.5次会であれば、幹事代行サービスを使っても、会費の相場の範囲内で収まります。

会費は良いパーティーにするために使うものですから、司会に使っても、会場の演出に使っても、料理に使っても、自由だと思います。

披露宴の後の二次会の場合は?

結婚披露宴に出席した人からは、ご祝儀を頂いているので、二次会の会費は少なめに設定するよう配慮した方がいいと思います。

友人に幹事を頼んだ場合、ゲームの景品代、幹事の飲食代とお礼、幹事との打ち合わせの費用などがかかります。

それと同等の費用(10万円程度)を新郎新婦が負担して、残りを会費に上乗せするのが妥当でしょう。

そうすれば、幹事代行サービスを利用しても会費1000円アップ程度で済みますので、参加者の負担も軽減できます。

基本的に結婚披露宴後の二次会の会費は1万円未満に抑えるべきと考えていますので、豪華な会場や食事を提供するのなら、1万円を超える分は新郎新婦が負担するべきなので、二次会幹事代行サービスを頼んだ場合も、これに倣う方が良いでしょう。

もうすぐ結婚式!でも二次会の準備がまだ そんなときの対処法